老人ホームに入居することを検討しているなら

10年前に営業マンとして顧客の自宅まで訪問し、営業活動を行なっていました。
当時は今ほど情報技術が発達しておらず、スマートフォンではない所謂ガラケー全盛期の時代でした。
そんな時代に現在様々な企業で導入されているSFAがあったらもしかしたら自分の営業スタイルも変化し、現在でも営業で仕事をしていたかもしれません。
当時の営業スタイルは予算や実績管理は全て支社のホワイトボード上で管理されていました。
営業の出先ではもちろん確認することはできません。
顧客ごとの情報や進捗管理も紙ベースの資料として持ち歩いていたり、保管していました。
それが今やスマートフォンやパソコン、クラウドに至るまでSFAを活用できる環境がかなり充実している状況になっています。
それがあったから劇的に営業成績がアップしたのかと問われると明確に答えることはできませんが、より効率的に顧客へのアプローチが行えたのはいうまでもありません。
自分の営業活動も見える化され、具体的な行動に繋げやすくなったのではないかと感じています。
それが当時の環境でもやり方次第ではできたのではないかと思われるところもありますが、当時の私にはおそらく気づくことはできなかったと思います。
SFAは昔から営業をやっていた人にとっては自分の働き方を変えてくれるほどのツールに現在なっていると考えられます。