老人ホームを選んで入居してみたい場合は

SFA(営業支援システム)は従来までに営業担当が自分たちの担当領分としていた各顧客情報をサーバ上に記載し、営業チーム全体あるいは会社全体で一括管理して属人化を廃止することを目的とした業務システムですがその目的が果たされるかは使用する組織の社風、社員の認識に関わっています。
というのも、SFAが社長始めとした幹部クラスの意向により導入されても実際に使用する営業の人間は何となく、義務が増えた程度の感覚で使うことがあるからです。
自分たちのやり方で進めてきた仕事を急に変えろと言われても、今まで部門の中で行われてきたルーチンじみた仕事のやり方が抜けず、システムを形骸化してしまうということです。
あるいはSFAがどれほど素晴らしい可能性を秘めていても、その使い方が社内の各部署の一社員へと周知がされておらず、結局「よくわからないけれど使わなくてはいけないシステム」という認識になってしまうケースもあります。
会社の仕事に根本からの変革を促すには現場の空気を一新すること、そしてシステムの使用法を末端まで間違いなく徹底的に周知することが大切です。

大阪の介護施設を調べるならカイフクナビ

最新投稿